舐め犬の飼い主

30歳を過ぎてから毎日アダルトサイトを見るほどに性欲が強くなった私。
普通のセックスに飽き、エロを追求していくうちに掲示板で『舐め犬』に出会い快楽を知った体験談。

私はS女でセックスが私優位にならないとイライラしてしまう。。
M男を自称してくる男も結局は、「我慢できません、もう挿入させてください」とクンニを辞め強引にマンコにチンコを入れ、猿のように腰を振ってくる始末。

M男探しに出張ホストを試してみたが、紳士を装ったしょうもない俺様ばかりでお金の無駄だった。
次に女性専用風俗で性感マッサージを体験。

乳首を舐めて」「クリトリスをもっと吸い込んで」「もっと激しく手マンして
なんでも言うことを聞いてくれた。

私が求めてたのはコレだ!と感動したものの1つ引っかかる事が。
それは仕事でやっている為、M感が無いこと

私の求めるM男をネットで探しているうちに見つけた『舐め犬
その舐め犬に私の性感を開発されるとは思いもしなかった。

舐め犬が多い掲示板があるサイト

掲示板で出会った舐め犬のドM

掲示板で出会った舐め犬

舐め犬が分からない人に簡単に説明すると、舐め犬とはひたすらクンニや体を舐めるのが好きな変態。
犬のようにベロベロ舐め続けて、なんでも言う事を聞くMが多い。

18禁ハッピーメールにあるSMパートナーという掲示板には、舐め犬・M男がわんさかいる。
私好みのがっちり体型で身長170後半、『ひたすらクンニをしたいです。あなたの言いなりになります。挿入無しでいいです。』という記載がある40代の男に目をつけてメールを送った。

  • ラブホ代持ち
  • 挿入・キスNG
  • 私が指示した所以外は触らない
  • 私の言い事を必ず聞く

を条件に会う事に。

待ち合わせ場所で合流して、舐め犬の車に乗車。
ラブホに向かう最中、舐め犬のチンコを鷲掴みした。

舐め犬「あっ危ないですよ、あっあっあ事故っちゃいますよ、、はぁはぁ、、

鷲塚みをしたら、喘いじゃう超ドM男。
チンコをいじり続けてラブホに到着。

シャワーを先に入らせ、私が浴びようとした時、
舐め犬「そのままの体を舐めたいです。

これが舐め犬かと感心してしまった。

舐め犬に性感帯を舐めさせまくる

舐め犬に舐めさせまくる

舐め犬のお望み通りシャワーに入らない事に。
シャワーを浴びてない体を舐められるのかと思うと凄いゾクゾクした。

私「舐めさせてくださいは?
舐め犬「舐めさせてください、、、

服を脱ぎベッドに座り
私「まず右乳首だけ舐めろ。

舐め犬が中腰になり窮屈そうな体勢で舐め始めた。
「ペチャペチャ、、、はぁはぁ、、」
舐めながら吐息が聞こえてきて、凄い興奮してるのが感じられる。

私「吸ったりもしながら舐めて

言葉で良い表せない程のいやらしい音が部屋中に響き渡る。
まだ胸だけだけど、服従させてる感じが堪らなく体が熱くなってきた。

私「左も同じようにやれ
舐め犬「はい!

激しく吸って舐められた乳首は、今までにないぐらいビンビンになっていた。
命令しながらも気持ちよすぎて吐息がでちゃう私。

私「脇舐めろ

舐め犬の舌が、私の脇に絡みついた瞬間に
あんっ、、
声が思いっきり漏れてしまった。

舐め犬「大丈夫ですか?
私「喋るな、続けろ
舐め犬「はい、すみません。

おそらく今までの自称M男なら、ここで襲ってきたと思う。
しかし、この舐め犬は暴走する事なく私の指示に従い続ける。

舐め犬はM男

気づいたら胸と脇だけで1時間も舐めさせていた。
私がベッドに仰向けになり、

私「胸からへそ下まで何回も往復して舐めろ、マンコまでは舐めるなよ。
舐め犬「分かりました。
私「手とかお前の体が、私の体に触れないようにやれ。

勃起してるチンコが当たらないように、馬乗りのような体勢ながらも腰を浮かして、またも窮屈そうな体勢で舐め始める。

私の上半身が舐め犬の唾液でビショビショに。
その光景にとても快感を覚えた。

またも1時間ぐらい舐めさせたが、その間ほとんど会話はなく、ただひたすらに舐める音だけが響いていた。

うつ伏せになり、
私「首元から背中の下の方まで何回も往復して舐めろ、また体も触れないように。

見えないけど、背中が唾液でビショビショになる感覚が堪らなかった。
背中を舐められながら、自分のマンコを手で確認すると濡れ濡れ
もうこの時点でもう『舐め犬』の虜になっていたのかも。

ここまでで約3時間が経過、マンコが敏感で今すぐにでもマンコを舐めて欲しかったがここはグッと堪えた。
私「次、足舐めて

舐め犬というモノをネットで知った時、一番したかったやつ。
S女だけど出会ってきたのは自称M男ばかりで、今まで足を舐めさせる所まではやった事がなかった。
だけど、この舐め犬のM男は何でも言う事を聞く。

仰向けになり、足をペロペロされる私。
足指を吸われるのがこんなにゾクゾクするなんて。
そして凄い背徳感を感じられる。

舐めてる様子を見てると、たまに目が合う。
本当に犬のような顔になってる。

少し体勢をずらすと、ビチャッ。
失禁したぐらい私の愛液がダダ漏れになっていた。
触られていないのに。

私「ベッドから降りて
舐め犬に舐めをやめさせて、ベッドに座り足を開いた。

顔面騎乗クンニが気持ち良すぎてイキ果てる

顔面騎乗クンニ

足を開いてマンコを見たら、どろっと愛液が出てきて床にボトボト落ちる。
それを見た舐め犬が舌舐めずりをして、舌を出した状態でハァハァと興奮している。

今すぐに舐めて欲しいが、焦らして興奮している犬を見るのもまた最高。

舐め犬「はぁはぁ、、まだですか。。
私「まだ。生意気な事言うと、帰るよ。
舐め犬「すみませんでした。

土下座して謝る舐め犬。
そして顔を上げた舐め犬の口からよだれが垂れる。

私「舐めていいよ。

凄い勢いで、マンコに近づき鼻でスゥーッと匂いを嗅ぎマンコを舐め始める。
ジュルジュルと愛液を吸ってる音がとってもいやらしい。
今までマンコを舐めさせたい欲を我慢してた為か、すぐにイッてしまった。

体がビクン、、ビクン、
倒れそうになったが、手を置き踏ん張って堪えた。

その時舐め犬がこっちを見て舐めながら、ニヤッとしたのが分かった。
どっちがSでどっちがMか分からない瞬間。
感じすぎて何も言えなかった。

イッた事を介せず舐め続けむしろ尚更激しくする舐め犬。
愛液が出てきては、吸われる感覚がヤバい、、

鼻をマンコに密着させて匂いを嗅ぎながら、グイグイ舌先をマンコの中に入れられたり、クリトリスを吸われ舌先で転がされ、、
舌の使い方、舐め方、吸い方、音のたて方、今までされた事の無いクンニだった。

またイッてしまう、、
バタンっ、、とうとうベッドに倒れてしまった。
クンニなんだけどチンコより気持ちいい。。

私「手で開いて舐めろ、、
舐め犬「はい

気持ち良すぎて、声が震えちゃってる私。
そんな私の言う事もちゃんと聞く舐め犬。

クンニが上手いのもあるけど、今の構図も相まって余計に感じてしまう。

私「次は、、顔面騎乗。ベッドに仰向けになれ。。

舐め犬の顔の上に立って焦らそうと思ったけど、今すぐ舐めて欲しい。。
舐めて欲しい欲が溢れ過ぎて、すぐに舐め犬の顔にマンコを密着させた。

舐め犬「凄い、、いやらしいです。。んはぁ。。ん。。

ベッドに手を置き堪えているが、もうおかしくなりそうだった。
私が感じ過ぎて腰が動く為、舐め犬の顔が私の愛液だらけに。。

舐め犬「んぱぁぁ。。ちゃんと口の所に。。ハァハァ。息が出来ないくらいに欲しいです。

初めて感じた腰が砕ける感覚。。
何回も連続でイッてしまい勝手に腰がクネクネ動いてしまう。。

あぁぁぁっ、、ピシャーーー
気持ち良過ぎて、舐め犬の顔の上でおしっこを漏らしてしまった。

舐め犬「はぁ、、おしっこ。。美味しいです。。

私のおしっこで髪の毛がビショビショの光景を見て、またイク私。。
顔面騎乗してから、ほとんど声を出す事が出来ず、どっちがSかMなのか分からない状態になっていた。
クンニで犯されている感覚

クンニだけで約2時間・トータル6時間弱、数え切れないくらいイッたし、何度もおしっこを漏らしてしまった。

これが初めての舐め犬体験。

舐め犬を掲示板で募集して複数プレイ

舐め犬を募集

舐め犬の虜になった私。
今では頻繁に、掲示板で舐め犬募集をして複数プレイ。

3、4人舐め犬を集めて1人ずつクンニさせる。
クンニしていない舐め犬は、正座で待機。

私が舐められている所を舌を出してハァハァしている舐め犬達を見るのは本当に興奮する。
ずっと求めてたプレイ。

本当のドM男が中々見つからず、私が求める事が出来ず悶々とした日々を送っていたけど『舐め犬』に出会って性的欲求を満たす事が出来てる。

掲示板で募集をかけて、私好みの男を選定して今では20匹の舐め犬の飼い主。
普通のセックスに飽きたら『舐め犬』を試してみたら如何でしょうか?

私が舐め犬をみつけたサイトはこちら。
登録するのは無料なので、ぜひ。

18禁ハッピーメールの公式サイトを見てみる