履正社高校の安田尚憲
出典:http://www.ad-vank.com/

2017年の夏の高校野球には注目されている選手が多くいて、様々なドラマを楽しめるでしょう。
その中でも履正社高校が優勝候補として挙げられていますが、
今年の夏の甲子園はどこの高校が頂点を掴むのでしょうか。

 

今回はプロのスカウトからも熱い視線を送られていてドラフトも期待できる
履正社高校の安田尚憲(ひさのり)選手にフォーカスを当てていきます。

出身中学校、身長や体重、現在の通算ホームラン数を紹介するとともに
兄弟についても言及していきます。

スポンサーリンク

履正社の安田尚憲の出身中学校はどこ?

強力打線の履正社の中でも長打を放っている安田尚憲の出身中学校はどこなのでしょうか。
履正社高校は県外からも有望な選手が集まってくるような高校なので
どこの県出身かも気になる所でしょう。

 

結論から言うと安田尚憲は大阪府出身。
なので県外ではなく地元の選手です。

出身中学校は吹田市立豊津中学校。

中学校の野球部で活動していたわけではなく、
『レッドスターベースボールクラブ』というチームで硬式野球を始めています。
このチームのオーナーは元プロ野球選手でもある『赤星憲広』。
それだけに、レベルの高い選手に囲まれて野球の日々を送っていたようです。

 

野球を始めた時期は小学生のころ。

そして小学6年生の頃には阪神タイガースジュニアに入団。
このチームは小学6年生を対象にして募集し、
選ばれた優秀な選手しか入団できないチームです。

阪神タイガースジュニアにはルールがあるようで
もともと所属していたチームよりもこちらを優先しなければいけません。
ただ、プロ野球選手を目指している有望な選手が集まっているチームなので
そこで経験を重ねることによって良い刺激になるでしょう。

そのため、安田尚憲の実力は小学生の頃から目立っていたようです。

安田尚憲のホームラン数や身長

甲子園球場

安田尚憲は現在高校3年生。
高校NO.1スラッガーと言われている早実の清宮幸太郎と比較されることもあり、
とても注目されている人物です。

履正社でもクリーンナップを任されている強打者ですが
ホームラン数や身長、体重などが気になる所です。

  • 名前は安田尚憲(ひさのり)
  • 右投げ左打ちで守備位置は三塁手
  • 身長188cm・体重92kgと大きな体をもつ
  • 力強いスイングはもちろんのこと、
    強肩を武器にしていて、更には50m6秒6という俊足ぶり
  • おそらくドラフト会議でも取り合い合戦になるような大型選手

高校NO.1スラッガーの清宮よりもひと回り大きな体を持っていて、
バッティングはもちろんのこと、足も肩もある有望な選手です。

清宮幸太郎の父と母の離婚の噂。弟が現在通う中学校はどこ?

 

安田尚憲が憧れている選手として松井秀喜がいます。
(清宮幸太郎も松井秀喜に憧れている)

当時は怪童とも言われていた松井秀喜が高校の時に放ったホームラン数は60本。
そして2017年7月25日に行われた試合では安田尚憲がホームランを放ち、
高校通算ホームラン数を61本とし、憧れの松井秀喜のホームラン数を追い抜きました。

その試合には11球団のプロスカウトが視察していて、成長した姿をアピールしています。
今までの60本は、左方向へのホームランがなかったのですが
流し方向へのライナー性の当たりのホームランを左翼の中段まで持っていきました。

 

今では履正社NO.1の強打者で、クリーンナップでどっしりと構えている安田尚憲ですが、
1年生の秋から5番三塁手としてレギュラー出場しています。

そして2年生の春にバッティングが覚醒したとも言われていて、
2年夏の予選大会では打率520、打点15、ホームラン数2の記録を残しています。
その要因の1つとされているのが、トレーニングによる体重の増加です。
1年の秋と比べて2年の春では体重が7kg増加。

それによってホームランを量産する力になったと言われています。

兄は前田健太とバッテリーを組んだことも

大阪の高校出身の前田健太
出典:http://www.nikkei.com/

安田尚憲の家族を紹介します。
実はアスリート一家で育っていて、良い影響を受けながら成長してきたようです。

まずは父親の安田功さん。
高校の駅伝の名監督です。
大阪薫英女学院の監督をされているのですが
2014年の全国高校駅伝ではチームを優勝に導いています。

お次に母親の安田多香子さん。
実は過去にやり投げをしていた方で、近畿大会で優勝の経験もあり。
国体出場の経験もあり、やり投げの世界ではとても有名な選手です。

 

そして注目すべきは兄にあたる安田亮太さん。
高校野球に詳しい方なら聞いたこともあるでしょう。
高校時代はPL学園に所属するキャッチャーで、
元広島カープのエース、今ではドジャースで活躍している前田健太とバッテリーを組んでいたよう。

兄の安田亮太さんは高校卒業後、明治大学に進学し、
今では『三菱重工名古屋』という社会人チームに所属。
キャプテンとしてチームを引っ張り、キャッチャーとして活躍しています。

お兄さんも弟の安田尚憲がここまで注目されていて嬉しいことでしょう。
安田尚憲がここまで成長しているのはアスリート一家で育てられたことが一番の要因でしょう。

 

強力スラッガー安田尚憲を要する2017年の履正社高校は、一体どこまで勝ち上がるのでしょうか。