余命が末期の小林麻央
出典:http://static.pinky-media.jp/

余命末期の乳癌を抱え、闘病中である小林麻央の顎に
ガンが転移したことを夫の市川海老蔵が5月28日、
歌舞伎座の「7月大歌舞伎」の製作発表で明かしました。
(5月26日にブログ『kokoro』でもアメンバー限定記事で告白してました)

 

それに伴って2ちゃんねるやSNSでは
「6月いっぱいは自宅で家族と楽しんでほしい」
「末期っていう噂あるけど、余命宣告されたのかな・・・」
「今月が少し心配です」
と6月に何かあるのではと心配するファンが多いようです。

 

そんな渦中の小林麻央が、現在どんな症状を抱えているのか、
最新の情報を調べてみました。

6月に入り、夏が近づいてきましたが
どのような最新情報があるのでしょうか?

小林麻央の余命は末期なのか。最新6月の癌の進行は?

最新6月時点の姿
出典:http://livedoor.blogimg.jp/

小林麻央の余命の噂について見ていきます。

 

  • 乳ガンが発覚したのは2014年10月。
    その時点で既にステージ3と診断されていました。
    (余命宣告まではいかないが、かなり危ない状態)
  • 小林麻央の乳ガンが世間に知れ渡ったのは2016年6月。
    その頃はステージ4に進行していたと予想されています
    (余命宣告されるレベル)
  • 2017年の4月、5月が余命末期と言われていました。
    痛みで10歩も歩くことが出来ない状態で世間から心配されていましたが、
    山場を乗り越えたようです。
  • そして最新の情報としては
    小林麻央の顎にガンが転移したということを
    夫の市川海老蔵が2017年5月28日に明らかにしています。

 

2016年6月の公表から現在まで1年近く経ちますが、
乳ガンのステージ4の5年生存率は30~40%と言われていて
転移しやすい場所としては骨、肺、肝臓、脳なんだそうです。

小林麻央は6月現在も非常に痩せていて
体重が30キロ台に突入しているんだとか。
肝臓にもガンが転移しているのではないかと心配なほどの痩せぶりです。

肝臓にガンが転移すると機能が低下して食事を栄養に変えることができなくなるので、
どんどん痩せていくことになってしまいます。

小林麻央の最新ブログによると今回は顎ですが、
だんだん脳へと近づいているのが分かります。

 

余命が近づいているとの声もあります。
今後どうなるのか本当に心配です・・・

小林麻央がブログ『KOKORO』で自身の最新のことを綴っていて、
5月30日に退院し、6月からは家族と過ごすようです。

 

顎にガンが転移してしまった小林麻央。
なぜこのタイミングで退院できたのでしょうか?

 

2チャンネルやSNSでは
今回の退院について色々なことが言われていて、
小林麻央の顎の痛みしか処置ができない状況で
調子の良いうちに退院したのではないかとの声。

 

要するに、余命が末期で6月いっぱいもつか分からないから
家族と触れ合う時間を大切にするために退院したという予想です。

小林麻央本人の意思を尊重したということでしょうか。

去年の6月の時点で余命が末期と言われていた

夫の市川海老蔵
出典:http://kasu-min.com/

夫の市川海老蔵が正月の番組に出演した際、
小林麻央の余命は2016年の6月までと言われていたことを発言しました。

ここまで余命宣告された日付から1年以上も寿命を延ばしています。

 

小林麻央は本当に強い方です。
本人の生きたいという強い気持ちが余命を延しているのでしょう。

過去に乳がんを患っていた人物に樹木希林がいます。

2013年。
彼女はがん細胞が全身に転移し、
余命も宣告されるような危ない状態でした。

しかし翌年の2014年にはがん細胞がなくなり、
今では元気に仕事をするまでに回復しています。

なのでがん細胞が全身に転移してからでも
完治する可能性があるということです。

 

6月の最新情報によると、
小林麻央は余命が心配されるような深刻な状態ですが、
がん細胞をやっつけてくれることを信じています。

1年前に余命が末期と言われて、
今もなお、精一杯生きている状態なので
小林麻央さんの生命力を信じています。