ガン転移し、病状が悪い小林麻央
出典:http://xn--u9j5h1btf1e4646an4by51g5id.com/

乳ガンが顎に転移してしまったことを発表した小林麻央
その数日後である2017年5月29日、「退院」というタイトルの記事を更新しました。

その記事には退院決意をしたことが書いてありましたが、
世間からは
「なぜ顎に転移したこのタイミングで退院決意したのか」
「最期が近いってことかな?本当に心配」
ということで様々な憶測が広がっています。

 

中には、
「余命もあとわずかで、終末医療に入ったのでは?」
と心のない声も。

 

そしてどうやら退院決意というキーワードの次に
最期霊視」というキーワードが。

普通なら「霊視をしてもらって、最期の覚悟を決めた上での退院決意だったのかな?」
みたいに考えるでしょう。

 

私もそう思い、調べてみたところ
「霊視と退院決意は関係なかった」
と結論づける情報もあるみたいですが、
完全に関係がないとは言えないようです。

 

その理由や
小林麻央の退院決意と最期霊視との関係性などについて
知りたいという人に向けてご紹介します。

スポンサーリンク

小林麻央の退院決意は最期霊視によるものか

退院決意を発表
出典:http://t2-workshop.com/

霊視をやった人物は『天瀬ひみか』。
怖いほど予言が当たっていると話題になっています。

 

過去に行った驚愕の霊視については後ほど紹介しますが
さっそく小林麻央の退院決意と最期霊視の関係をみていきます。

 

『天瀬ひみか』の霊視によると
2017年6月一杯は症状が軽く、安心して家族と過ごすことができるようです。

「5月28日~6月1日の期間にひどい痛みに襲われて
痛み止めの多用によって万が一小林麻央が寝たきりや昏睡状態になった場合
存命中ではあるものの回復は望めない」

ということを言っています。

 

6月1日を乗り越えることさえできれば、
6月一杯は安心して家族団らんを楽しめるということです。

 

退院決意した小林麻央のブログ『KOKORO』の更新は
6月2日以降まだないようですが
夫の市川海老蔵のブログを見ると、
麻央といっしょに食事していることが書いてあります。

なのでおそらくガンの山場を乗り切って
安定期に入ったのでしょう。

 

ここからわかる、
最期の霊視で浮かび上がる3つの事実とは

  1. 今までの困難の中でも非常に危ないと言われていた
    5月28~6月1日を乗り切り、6月一杯はひとまず安心。
  2. 7月以降は何が起こるか分からない
  3. 小林麻央の生命力の異常な強さ

という点です。

5月28~6月1日は今までの中でも
トップクラスに危ないと言われていました。

その試練を乗り越えることができたので生命力が異常に強いと言えます。
(2016年6月までと余命宣告されていながら、1年以上延命しているという事実もあります)

 

しかし逆に言うと『天瀬ひみか』の霊視によると
症状が軽いのは6月一杯までと非常に限定的。

7月以降は何が起こるか分からず、最期を迎える可能性は0ではないのかもしれません。

小林麻央の勇気ある退院決意が本当にマイナスに働かないことを信じたいです。

案の定、
「退院決意したのは良いものの、最期を迎えるのではと思うと本当に心配」
と心配する人が多いようです。。。

 

霊視や予言を信じる人もいれば信じない人もいると思いますが、
過去に小林麻央や、夫である市川海老蔵を霊視した人物が2人います。

 

その予言の結果をみて、
半信半疑ながらも霊視って本当に当たるのかも・・?
と思ってしまう自分がいました。

 

退院決意する前に、小林麻央の夫である市川海老蔵が霊視されていた

夫の市川海老蔵
出典:http://up.gc-img.net/

小林麻央の夫、市川海老蔵は過去に霊視されていたことがあります。
退院決意する随分と昔のことです。

市川海老蔵を霊視したのは、
『裕実れい』という方で
スピリチュアルカウンセラーをやっています。
(霊視をする人。最期を予言するというよりも相談することがメイン)

 

『裕実れい』が小林麻央と市川海老蔵の
の結婚披露宴のようすを見て霊視を行ったようですが、
その時の霊視の結果に少しゾッとしました・・・

それがこちらです。

  • 今まで相当ひどい事を女性にしていたからか
    市川海老蔵の左の頭から顔にかけて女性の影がある。
  • 憑いているのはマイナスな女性のエネルギー。
  • 海老蔵が麻央のことを大切にしている姿をみて
    過去の女性たちから、怒りと嫉妬のエネルギーが集まってきた。
  • 少なくとも5人以上の女性から恨まれていた
  • このような影があると、
    本人が病気になったり、仕事が上手くいかないくなることが多い。
  • 女性に不誠実なタイプだと、いくら過去の女性がマイナスな力を飛ばしていても
    本人にはまったく影響が出ないことがまれにある。
  • その代わりに、周囲にいる彼女や結婚相手に
    その力が飛んでいってしまう。

 

霊視する『裕実れい』

 

少しゾッとしませんか?

 

小林麻央と市川海老蔵の披露宴が行われたのは2010年7月29日。

その約3ヶ月後の11月25日に、
市川海老蔵と関東連合の間にトラブルがありましたよね。

 

そして2014年10月には妻の小林麻央の乳ガンが発覚し、
2016年6月には余命を宣告され、最期を覚悟したことも・・・

小林麻央のガンの経緯をもう一度振り返りたい方はこちらをご覧ください

【最新6月】小林麻央の余命は末期?ステージ4生存率は〇%だった

退院や入院の繰り返しでした。

 

このように2人の披露宴があってから立て続けに
市川海老蔵と小林麻央に不幸なことが起きているのです。

 

『裕実れい』が霊視していたことを公表したのは
2010年の12月16日で、関東連合との間に色々とトラブルがあった後ですが、
結婚相手の小林麻央に病気などの悪い影響がないか、その頃から心配していたそうです・・・

小林麻央を霊視した天瀬ひみか。最期はいつになるのか…

最期を予言する『天瀬ひみか』

予言者『天瀬ひみか』。
冒頭で言った「6月一杯は安心」と霊視した人物です。
この人物は自身のことを
「予言者。魔法使い。詩人」と名乗っています。
(相談に乗るというよりも、最期の時期を予言するタイプでしょうか?)

この人の霊視は、本当に怖いくらい当たっていると話題になっています。

 

どうしてこんなにも話題を集めているのか
今までの小林麻央のガンの病状
天瀬ひみかの霊視の予言を比べてみます。

 

ただ、小林麻央のガンの症状は医師や本人にしか分かりません。
私たちブログ読者の立場ではどんな状態なのか知る余地がないのです。

そんな中唯一、小林麻央のガンや体の病状が表れるのが
ブログ『KOKORO』の更新頻度だと思います。

ブログの内容などでももちろん大体は知ることができますが、
小林麻央は実際の病状よりも良く書いているように思えることがあります。
(前向きに闘病生活を送っていてとても良いことだと思います)

過去の傾向を振り返ると、
ガンの病状が重い時は、ブログの更新がストップしてしまっています。

ブログの更新頻度は
小林麻央のガンの病状が素直に表れると思います。

 

そこで、ブログ『KOKORO』の更新頻度と
天瀬ひみかの霊視の予言を比較します。

本当にビックリするくらい予言が当たっているようで怖いです・・・

 

霊視の専門用語がたくさんあり、分かりづらかったので
色々と抜粋してかんたんに書きます。

 

■3月5日、4月10日の予言
4月16日以降、極めて深刻で過酷な状況になっていく。
4月16日~4月18日にかけては危険度が非常に高い。最初の山場

→ブログ『KOKORO』の更新が4月15日~18日の間ストップする。
そして19日の記事には
「ここずっと横になっていた毎日。10歩歩くのがやっと」と綴る。

 

■4月20日の予言
本日20日に小林麻央に何かあるのではと心配。
急速に運気が降下していく5月1日~5月3日は
大変危険なセカンドインパクトがあるのではと予想。

→ブログ更新が4月20日~21日の間ストップ。
22日の記事では入院を報告。
5月1日~3日の間もブログ更新がストップ。

 

■4月29日の予言
5月14日の「母の日」とその前後の心配をする。

→5月11日にブログで「熱が下がらない」と綴る。
さらには5月13日に「できることがどんどん少なくなってきてる..」とも。

 

といった感じです。
的中率の高さが話題となり、
「最期の時期も予言できるのでは?」
と、半信半疑ですが霊視を信じる人も出てきているようです。

 

『天瀬ひみか』の予言では
「6月一杯までは安心」と
小林麻央の元気な姿を見れる期間が非常に限定的です。

最期が近づいているのでしょうか?
2チャンネルやTwitterでは、
「もう最期が近くて余命も末期なのでは・・・」
と心配する声が多数。

 

霊視と退院したことを結びつけ、
「7月には入院し直してほしい・・」
と心配する人もチラホラいるみたいです。

余命はあとわずか?顎転移で家族と終末医療との声も

余命宣告された小林麻央
出典:https://stat.ameba.jp/

小林麻央の顎にガンが転移してしまいましたね・・
そのタイミングで退院決意を発表しました。

【小林麻央】顎に転移とは何を意味するのか。残された余命は〇ヶ月か

 

世間ではその退院決意に疑問を抱く人が多いようで、
「家族と一緒に最期の時間を過ごす
いわゆる【終末医療】なのではないか?」との声や
「最期が近づいてきているのかな・・」
という声があるようです。

 

本当にそうなのでしょうか?

少なからず小林麻央や夫の市川海老蔵、子供たちなど、
周りにいる家族は終末医療とは思っていないはずだし、
最期が近づいているとも思っていないでしょう。
そして、退院決意についても前向きに考えているはず。

 

なぜこのように言い切れるかというと、
小林麻央は過去に余命を宣告されたことがあります。
それにも関わらずその余命宣告の日にちよりも1年近くも長く生きています。

家族は小林麻央の回復を信じているはずです。

退院決意を発表した理由とは

小林麻央の退院決意はどんな理由で決まったものなのでしょうか?

 

ブログ『KOKORO』では人参ジュースを飲み、
笑顔で元気そうな様子を伝える記事も投稿しています。

家族と一緒に人参ジュース
出典:https://stat.ameba.jp/

他にも子供たちの様子や、
家族と協力して前向きな気持ちで頑張っている姿も見受けられます。

 

私は専門の医師でもなんでもない素人ですが、
前向きな気持ちでいる限り、ガンが回復する可能性は大いにあると思います。

そのために顎に転移したタイミングでも
退院することには大きな意味があったのではないでしょうか。

 

真相は小林麻央本人や、夫である市川海老蔵にしか分からないことですが、
前向きな気持ちを強く持つことを目的に退院決意したのではないでしょうか。

 

退院することで家族との時間が退院前と比べると
圧倒的に増えます。
(退院前は子供とあまり会えなかったようなので)

子供って可愛いですよね^^
子供と一緒にいると、自然と笑顔が増えます。

笑顔が増えると免疫力も上がり、
ガンが回復する可能性も上がります。

そのための退院決意だったと私は思います。

 

「最期を考えて子供と今のうちに思い出を作りたいから」
という憶測もあるようですが、
小林麻央さんは前向きな方です。

 

おそらくですが、
最期のことなど考えずに生きることだけを考えていると思います。

  • 退院決意が小林麻央さんにプラスに働いてくれること
  • 元気な笑顔をテレビで見れること
  • 奇跡を起こしてくれること

信じています。