早稲田実業の清宮幸太郎
出典:http://hachanchuchu.blog.so-net.ne.jp/

2017年の高校野球で最も注目されている高校NO.1スラッガーの清宮幸太郎
所属する早稲田実業(早実)がどこまで勝ち上がるのかも非常に楽しみですが
どうやらその家族にも話題が集まっているようです。

もはやプロ野球選手よりも注目されているだけに
本人の家族にまで興味を持つ人が多数。

 

と母親に離婚の噂が出ているのですが
何か言われるようになった理由があるのか、それとも本当に離婚の危機に陥っているのか
気になる所でしょう。

そして清宮幸太郎の4つ下の弟である清宮福太郎も大注目されています。

弟は兄のことを「一番尊敬している人」とインタビューで答えていたこともあるのですが、
その弟・福太郎が現在通っている中学校や
どこの高校に進学するのかも調べてみました。

身長や体重も兄と同じく規格外でした。

スポンサーリンク

清宮幸太郎の父も学生の頃から天才肌だった

父の清宮克幸
出典:http://img01.hamazo.tv/

高校NO.1スラッガー・清宮幸太郎を育てた父親である
『清宮克幸(かつゆき)』はスポーツマン。
小学校のときは野球、
中学校のときはサッカー、
高校からはラグビーをしています。

 

高校から始めたラグビーは体格やセンスなどが監督に認められ、
1年生の時からレギュラーとして活躍。
3年生の時はキャプテンを務め、全国大会出場に貢献。
高校日本代表の主将も務めるほどの実力者でした。

その後、清宮克幸は早稲田大学に入学し
2年生の時は日本選手権優勝。
4年生の時はキャプテンとして全国大学選手権優勝しています。

早稲田大学卒業後はサントリーに入社。
会社のラグビー部の中心選手としてキャプテンも務めています。
1995年には全国社会人大会優勝、日本選手権優勝。
1997、1998年度全国社会人大会準優勝。
その後2001年に現役を引退しました。

 

父親の清宮克幸は現在ではラグビーの名監督して活躍しており
2001年に早稲田大学の監督に就任したときには、
いきなりその年に関東大学対抗戦全勝優勝に導いています。
(2003年には13年ぶりの全国大学選手権優勝)

ラグビー界で最も有名な五郎丸歩選手の恩師でもあり
清宮克幸は人を育てるのが抜群に上手なようです。

 

清宮幸太郎の近ごろの活躍ぶりや体格・実績をみると
見事に父親の清宮克幸の遺伝子を受け継いでいるようです。
(父親の身長は181cm、体重95kg)

そして育てるのが抜群に上手い父親のもとで育ったのも
怪物・清宮幸太郎が生まれた要因の1つでしょう。

母親もスポーツマン

清宮幸太郎の父親はとてもスゴイ人物であることが分かりましたが
実は母親の清宮幸世(さちよ)も学生の頃はスポーツマンだったよう。

母親の清宮幸世の出身大学は慶應義塾。

中学校時代は野球部のマネージャーとして部員を陰ながら支え、
大学時代ではゴルフ部のキャプテンを務めています。

 

そして現在『フードマイスター』の資格も持っていて
夫や子供の食事の管理もばっちり。
スポーツ一家には欠かせない存在となっているよう。

清宮幸太郎は左打ちですが、もともとは右打ちだったよう。
しかし母親が「左打ちの方がいいんじゃない?」と勧めたよう。

その理由は一塁ベースに近くて有利だというシンプルなことではありますが
その時の助言がなかったら、もしかすると現在の清宮幸太郎の活躍はなかったのかもしれません。
中学校時代のマネージャーの経験が子育てにも生きていたようです。

清宮幸太郎の父と母の離婚は本当なのか

清宮幸太郎の家族構成は
父親と母親と弟の4人家族。
父・清宮幸太郎・弟がスポーツに熱中していて
『フードマイスター』の資格を持っている母親が面倒をみる。

とてもバランスの取れた良い家族だと思いますが
父と母に離婚の噂が。

これはどうやら全くの嘘で、離婚する気配はないようです。

 

では順風満帆に見える清宮家族になぜ離婚の噂が広まったのか
と言いますと、

以前、父親の清宮克幸の結婚相手として、宝塚女優の涼風真世が噂されてました。
そして涼風真世はラグビー関係の男性と結婚。
その後すぐに離婚してしまったようなのです。

それが変な変換をされてしまい
「清宮幸太郎の父と母が離婚した」
と一部で広まっただけのよう。

 

しかし2人は現在も仲が良く
離婚する気配は全くありません。
父・母・幸太郎・弟の4人で
幸せな家庭を築いているようです。

 

父の克幸は本当は子供たちに野球ではなくラグビーをやらせたかったよう。
それもあって、兄の幸太郎は小学生の時は野球よりもラグビー中心の生活でした。

しかし2006年の夏の甲子園。
早稲田実業を優勝に導いた斎藤佑樹の姿を見てからは、野球一本に絞ったんだとか。
兄の背中を追いかけていた4歳下の弟である福太郎も、
自然に野球への道を選んだようです。

現在ではその弟にもフォーカスが当たっていて
兄の清宮幸太郎以上の逸材とも言われているようなのです!

弟の福太郎が現在通っている中学校はどこ?

弟の清宮福太郎
出典:http://m.sponichi.co.jp/

清宮幸太郎の弟の名前は福太郎。
現在中学2年生とこれからです。
小学校時代は兄と同じ『東京北砂リトル』に所属していて
全日本リトルリーグ野球選手権での優勝経験もあり、世界一になったことも。
バッティングでチームに大きく貢献しています。

 

現在、弟の福太郎が通っている中学校は兄と同じく早稲田の中等部に通っています。
調布シニアに所属していて中学2年生ながら5番ファーストを任されていて
バッティング面で期待されているようです。

現在の身長は178cm、体重93kg。
中学2年生にしてはとても体格が良いですが
当時の兄の幸太郎と比べると少し小さめ。
清宮幸太郎は中学校入学時で既に177cmあった

しかし弟の福太郎も現在中学2年生と
これからの伸びしろが期待できます。

 

しかも弟の福太郎は小学校の時には世界選手権で特大ホームランを放っています。
兄の清宮幸太郎と同様、勝負強さも持ち合わせていて
高校生になったら1年生の頃から大きく期待されることでしょう。

弟の現在の経歴を見ると
兄の幸太郎の背中をずっと追っている状況です。
なので進学する高校は早稲田実業と思って良いでしょう。

 

しかし兄の幸太郎は右投げ左打ちなのに対して
弟の福太郎は右投げ右打ち。

小学生の時のインタビューでは兄に対して
「一番尊敬している人」とまで言っていた福太郎でしたが、
次第にお互いを意識する存在になっていったんだそう。

そして兄貴と一緒じゃ嫌だという理由から右打ちになったそう。

 

2017年で兄の清宮幸太郎は高校野球から去ってしまいますが

 

2017年の注目投手としてはMAX147、大きなカーブが持ち味の金久保優斗投手が期待されてます。

金久保優斗投手の彼女は?Twitterのアカウントについても

 

その数年後すぐに弟の福太郎が、再び清宮フィーバーを起こしてくれることでしょう。

現在、兄の清宮幸太郎が歴史的記録を打ち立てようとしている中
兄に対しての負けん気の強さからも期待されている清宮福太郎。

もしかすると、兄よりも大物になるかもしれません。