アスペルガー症候群・小児麻痺の噂の藤井四段
出典:http://www.jiji.com/

藤井四段は14歳という若さで現在28連勝中という、
将棋界に歴史を刻んでいる中学生です。

過去に28連勝はこれまでの将棋界を振り返っても(藤井四段を含めて)2人。
更には中学生でプロ棋士になったのは5人です。

 

その異例の成績からか、藤井四段には
アスペルガー症候群・小児麻痺なのではないか?」という噂があるようです。

アスペルガー症候群は発達障害でもあるようなのですが、
本当なのでしょうか?

最近では将棋に興味を持っていなかった人までも藤井四段の連勝記録を気にするほど。
世間から注目を浴びている若き中学生・藤井四段に迫ります。

スポンサーリンク

藤井四段にアスペルガー症候群・発達障害の噂が。

アスペルガー症候群とは発達障害の1つで、
最近になってようやく理解され始めたものです。
特徴的な動きなどから「少し変わった人」という印象を持たれることが多いんだとか。

 

藤井四段にアスペルガー症候群・発達障害の噂があるようですが、
結論から言うとこのような事実はありません。

しかしアスペルガー症候群や発達障害の噂が広まった理由はあるようです。

 

アスペルガー症候群の典型的な症状や特徴としては

  • 会話することはできるが、社会性が欠如している発達障害
  • 知的障害のない自閉症・発達障害
  • アスペルガー症候群の人は何か1つの分野に秀でている
  • 驚異的な集中力がある

などです。

 

藤井四段は将棋をしている時は驚くような集中力で対局に臨みます。
その姿がアスペルガー症候群の特徴と重ね合わせて見る人がいて、
そのような噂がたったのかもしれません。

母親の発言も影響か

藤井四段の母親はこんなエピソードを話しています。

中学生1年生のこと。
藤井聡太は大阪に1人で泊りがけの将棋旅行に行ったそう。
帰る際、持参した服と傘を将棋会館に全部忘れて帰宅したそうです。

 

母親は、「生活能力が低い」と藤井聡太のことを評しています。
自分の息子だからと謙遜している部分もあるとは思いますが、
対局中の藤井四段からはとても想像できないですね。

 

母親が話したエピソードと、将棋に集中する姿のギャップが
アスペルガー症候群を噂されるきっかけになったのではないでしょうか。

 

ただ1つ頭に置いておいてほしいのが、まだ藤井四段は14歳。
忘れ物をする中学生なんてたくさんいるでしょう。

私たちが見ている藤井四段があまりにも大人っぽく、
中学生とは思えない強さなので、大人として錯覚してしまうような所があるのでしょう。

藤井四段は小児麻痺なのか?

藤井四段にはアスペルガー症候群の他にも、
「小児麻痺なのでは?」
といった噂もあるようです。

 

小児麻痺について知らない人もいると思うので、
症状や特徴を説明すると

  • 脊髄にある運動神経がおかしくなり、体の麻痺などの症状あり
  • 『ポリオウイルス』によって発症
  • 小児麻痺は5歳以下の子供が引き起こしやすい
  • 突然歩けなくなる症状も

といった病気です。

 

藤井四段は普通に歩けていますし、
特に小児麻痺の症状はみられません。

なぜ小児麻痺の噂がでたのかわかりません。

 

ただ強いて挙げるのであれば、
藤井四段は将棋を打って極度に集中力が高まったときに
前傾姿勢になる傾向があるようです。

その動きに疑問を覚える人もいたようで
なんとなく『小児麻痺』というキーワードが出てきたのでしょう。

 

しかし、あくまでも藤井四段が前傾姿勢になるのは
「集中しているから」であって小児麻痺の特徴や症状とは一切関係ありません。

藤井四段が前傾姿勢になった対局は勝率が高いという傾向があるようです。
そのことからも小児麻痺とは無縁と言えるでしょう。

藤井四段は積み木のおもちゃで頭が良くなった?

異常な将棋の強さから
『アスペルガー症候群』というキーワードまで出てきてしまう藤井四段ですが、
まだ幼い子供の頃、積み木のおもちゃに夢中になっていたらしいのです。

 

なにか組み立てたり、作ったりするのがすきな人は是非ごらんください。
見ているだけで頭がよくなりそうです(笑)

 

『キュボロ』という積み木のおもちゃで、
普通の積み木と比べても難易度や奥が深く、
幼い子供にやらせると良い影響がありそうです。

 

これは脳科学的に言われていることなのですが、
積み木と詰将棋は脳の同じ部分を活性化させるようです。

藤井四段が強い理由も、子供のときに楽しんでいたおもちゃにあるのかもしれません。

藤井聡太の家族(父親・母親・兄弟)について

藤井聡太の父親や母親、さらには兄弟がいるのかどうかも見ていきましょう。

 

父親は藤井正史さんといい、会社員をしている方のようです。
大手住宅設備機器会社に勤めており、優秀な成績も残しているんだとか。

inax、lixilの2つのどちらかという予想もあるようですが、
「大手」とのことなので、妥当な予想だと思います。

 

母親の名前は藤井裕子さん。
専業主婦をしている方のようです。
おそらく子育ても上手で、
藤井聡太に積み木のおもちゃを買ってあげたのも裕子さんでしょう。

 

そして兄弟は1歳年上の兄が1人いるようです。
兄の情報はないようですが、おそらく優秀な方だと思われます。

 

藤井聡太は家族にも恵まれて育ったようですね^^

藤井四段が幼い子供の頃は、
将棋に負けたときは人目を気にせず大声で泣いていたよう。
それでも親はそれを怒らずに、
「泣くほど熱中することがあることは良いことだ」と
そっと見守っていたようです。

そういった育児方針も藤井四段の強さに秘訣になっているでしょう。

 

あまりの強さに「アスペルガー症候群・小児麻痺」という噂が出てきてしまう藤井四段でしたが、
それはデマだったことが明らかになりました。

しかし、裏返して言うと、
異常な強さが認められているという捉え方もできるので
ある意味プラスに考えることも出来るでしょう^^

まだ藤井四段は14歳とプロになりたての棋士。
ますます期待が高まります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。