秋のイベント『ハロウィーン』

秋の楽しいイベントとして日本にも浸透しているハロウィン

保育園児などの小さい子供も楽しみにしているお祭りですが、ほとんどの人がハロウィンの由来や意味を知らないのではないでしょうか。
もしも子供から「ハロウィンって何?」と聞かれたときに、子供向けに簡単に説明できる大人は少ないよう。

そこで今回は、紙芝居のようなストーリーで由来や意味を簡単に紹介します。
保育園児などの小さな子供向けの説明をした後に、詳しい解説をわかりやすく挟んでいきます。

スポンサーリンク

ハロウィンの由来を子供向けに紙芝居のように簡単紹介

ハロウィンの詳しい由来などは後述するとして、まずは最初に子供向けに簡単に説明します。
厳密に言えば紙芝居ではないのですが、ストーリー仕立てにして子供向けに話すことでわかりやすく由来を理解することができると思います。

 

こちらが子供向けにハロウィンの由来を説明するストーリーです。

 


 

とある小さな国のお話。

その国では10月31日になると、悪いお化けがあの世からやってきます。
お化けたちは人間の姿をした子供たちをあの世へ連れて行こうとするのです。

そこで、子供たちを守るためにも国の王様は、ある面白いアイデアを思いつきます。
「そうだ!皆でお化けの格好をしてビックリさせてやろう!」
「怖い顔をしたかぼちゃも用意して驚かせよう!」

 

ハロウィンの夜

 

しばらくして、悪いお化けたちがこの世にやってくる10月31日がやってきました。
王様の言った通りに国民たちはみんなお化けの格好をしています。
更には家の前に怖い顔のかぼちゃを置いていました。

すると、その様子に驚いたお化けたちはビックリして逃げてしまったそう。

それから次の年からは10月31日になると、
皆がお化けの格好をしたり、怖い顔のかぼちゃを用意したんだとか。
その結果、本物のお化けを追い払うようになったのでした。

めでたしめでたし。

 


 

いかがでしょうか?
上記のストーリーはハロウィンの由来をギュッと簡単に紹介しているモノになります。

 

小さい子供向けに説明するにはこれで十分ですが、「これだけでは物足りない!」と思う方もたくさんいることでしょう。
なのでハロウィンの由来をもっと分かりやすく解説していきます。

その上で上記の子供向けのストーリーをみると面白いと思います。

ハロウィンの由来はお盆と似ていた

ハロウィンは10月31日に行われる祭りで、もともとの起源は古代ケルト人の収穫感謝祭だと言われています。

古代ケルト歴では1年の始まりを11月1日、終わりを10月31日とされていました。
(日本では始まりが1月1日、終わりを12月31日)

年末である10月31日には日本のお盆と同じように、亡くなった人の魂がこの世にやってくると考えられていました。
あの世とこの世の境がなくなり、その際に悪霊や魔物もやってくるので、収穫を祝うとともに悪霊を祓う祭りも行われていました。

 

ハロウィンになると日本では

  • フランケンシュタイン
  • ドラキュラ
  • 悪魔
  • ゾンビ

などの仮装をする人が街中に集まり、みんなで楽しく過ごすという文化ができつつあります。

最近になってはコスプレの種類も増えてきて多種多様な仮装をしてハロウィンを過ごしていますが、おそらく多くの人はなぜ仮装するのかを考えたこともないでしょう。

ハロウィンで仮装する理由

仮装をするようになった由来としては先ほどの子供向けの紙芝居でも簡単に紹介しましたが、10月31日にあの世からやってくる悪霊などから身を守るためです。

  • 悪霊に仲間だと思わせて取りつかれないようにする
  • 仮装をして悪霊たちを逆に怖がらせて追い払う

という2つの説があるよう。

 

ハロウィンの10月31日は精霊や悪霊がそこら中を歩いています。
日本のお盆も同様に多くの霊があの世からやってくると言われていますが、大きな違う点が1つあります。

それはハロウィンはお盆と違って先祖や良い霊だけでなく、悪霊なども一緒に訪ねてくると言われている点です。

以上の点が由来して、悪霊などから身を守るために仮装するようになったと言われています。

かぼちゃのランタンの正体は?子供向けの疑問

ジャック・オー・ランタン

仮装以外でハロウィンで思い浮かぶモノの1つとして、かぼちゃのランタンがあります。
その名前を英語で『ジャック・オー・ランタン』と言います。
後述しますが、名前の由来はアイルランドのとある伝説が関係してると言われています。

ジャック・オー・ランタンには亡くなった人の魂を導き、悪霊を追い払うという意味があります。
日本のお盆の『迎え火』『送り火』に似ているところがあります。
また、かぼちゃに灯されているロウソクは親族の霊の目印という意味合いがあり、お盆とハロウィンにはいくつか共通する所があります。

 

ただ、保育園児などの小さい子供はそういった意味よりも、

  • どうして怖い顔のかぼちゃを使ってるの?
  • そもそもなんで『かぼちゃ』なの?

というシンプルな疑問を抱くことが多いです。

しかし、意外と子供向けに答えられなかったりします。
ハロウィンでかぼちゃが使われるようになった由来を簡単にお伝えします。

かぼちゃが使われるようになった由来

実を言うとハロウィンではもともと『かぼちゃ』ではなく『カブ』を使用していました。
ランタンを作る文化がはじまったのはアイルランドなどが位置するヨーロッパ地方なのですが、最初はカブを使っていたのです。

しかし、ヨーロッパからアメリカにハロウィン文化が伝えられた頃、アメリカではかぼちゃが多く収穫されていました。

ハロウィン文化が日本に広まった経緯はヨーロッパ→アメリカ→日本です。
そのため、日本ではアメリカ式のかぼちゃを使う文化が由来したようなのです。

現在でもヨーロッパにあるスコットランドでは、カブが使用されています。

怖い顔になっている理由

もう1つの子供向けの疑問として「どうして怖い顔になってるの?」という質問をされることもあるでしょう。

冒頭で紹介した子供向けのストーリーでも軽く触れましたが、その理由は悪霊などを追い払うためです。

これにも諸説ありますが、かぼちゃにはお守りとしての効果もあり、その中に灯されたランタンには悪霊から守る役割を果たしているんだとか。

また、カブを使用しているアイルランドなど同様に怖い顔にくり抜いたランタンを使っているようです。

子供を中心にトリックオアトリートと言うようになった由来

お菓子

ハロウィンになると「トリックオアトリート!」という言葉をよく聞きます。
意味や由来を知って使っている人はどれくらいいるでしょうか?

トリックオアトリートを英語にすると「Trick or Treat」。
意味は「何かお菓子くれないとイタズラするぞ!」です。

自由の国アメリカでは、ハロウィンの夜になると子供たちはお菓子をもらいに出かけます。
大人たちは子供向けのお菓子を事前にスタンバイ。
「トリックオアトリート!」とお菓子をもらいにくる子供がきたら「ハッピーハロウィン」と言ってお菓子を配ります。

アメリカにとってハロウィンというイベントは子供向けであると同時に、大人も一緒に楽しんでいるようです。

 

アメリカの文化が由来して、日本でもハロウィンになると子供たちを中心に「トリックオアトリート!」と挨拶のように言葉が飛び交います。
みんながお菓子を分け合っていてとても可愛らしい光景です。

お菓子をもらうようになったのが浸透し始めたのは1927年

ハロウィンにお菓子をもらうことが浸透し始めたのは1927年ころ。
とあるいたずらっ子たちがお菓子をもらうために「トリックオアトリート!」と言って家に押しかけ、住民も喜んでお菓子をあげるようになっていったそうです。

それが当時記事になり、少しづつ世界中にも浸透していったという説があるよう。

たった数人の子供たちが、面白半分でやったことが今の世界中の慣習になっているのです。

アイルランドの『ジャック・オー・ランタンの伝説』とは?

アイルランドには『ジャック・オー・ランタンの伝説』という面白い物語があります。
ハロウィンの由来を理解するにあたって、切っても切り離せないストーリーです。

こちらも小さな子供向けに、紙芝居のようにお話しします。

 


 

昔々ある国に『ジャック』という嘘つきでよく人を騙しているような男がいました。
いつものように行きつけの料理屋でごはんを食べているときに悪魔に出会いました。
実はその時ジャックはお金が足りず、悪魔にお金を貸してくれるように頼んだのです。

すると悪魔は言いました。
「お前の魂と引き換えにだったらお金を貸してやる」
その後ジャックは自分の魂と引き換えに悪魔からお金を貸してもらう約束をしてしまったのです。

 

財布

 

悪魔はお金に変身し、店員さんに支払いしようとしました。
するとジャックは十字架で悪魔が元の姿に戻れないように財布の中に閉じ込めてしまったのです。
困った悪魔はこう言いました。
「これから10年間はお前の魂を取りに来ない。だから出してくれ」

 

 

それから10年後、道を歩いていたジャックは、あのときの悪魔に会ってしまいます。
するとジャックは魂をあげるふりをして言いました。
「最後の頼みだ。そこの木の上にあるリンゴをとってきておくれ。」

悪魔は仕方なくリンゴをとりに木に登ったのですが
ジャックは持っていたペンで木に大きな十字架を書きました。

十字架が怖くて木の上から降りれなくなった悪魔に、ジャックは言いました。
「これから絶対に俺の魂を取りにこなければ降ろしてやる」
この取り引きを受け入れた悪魔は木から降ろしてもらい、帰っていきました。

 

木

 

それからしばらく時間がたち、ジャックは亡くなりました。
これまでの行いが悪かったため、天国への扉は開かれていなく、
仕方なく地獄へ行くことにしました。

ジャックは地獄の門の目の前までくると、そこには悪魔が立っていました。

悪魔は生前にした約束を覚えていました。
「お前の魂をとることはできない約束だから、地獄に入れることはできない。」

天国にも地獄にも行けず、困り果てたジャックは悪魔に尋ねました。
「俺は一体どこにいけばいいんだ?」

すると、悪魔はこう答えました。
「もともといた場所に帰りな」と。

 

かぼちゃの提灯

 

ジャックは悪魔の言われたとおりに帰ることにしました。
しかし帰り道は真っ暗で足元が何も見えません。

見かねた悪魔は地獄から明るく燃える石炭を一つ取り、ジャックに渡しました。
暗闇にたまたま落ちていたカブをくり抜きランプを作り、今でも暗闇の中を一人で歩き続けているんだとか。

 


 

アイルランドでは有名なストーリーですが、日本で知っている人は少ないのではないでしょうか。
先ほどハロウィンのランタンを『ジャック・オー・ランタン』という名前であることを紹介しましたが、実はこの話しが由来して名づけられたのです。

とても面白く話がつながっているので、子供向けに良いストーリーと言えるでしょう。

 

ひと通りのハロウィンの由来を紹介しました。
その上で冒頭に紹介したストーリーをみると面白いかもしれません。

大人も子供も楽しいハロウィンを過ごしましょう。