飼い主を見つめる愛犬

※必読

ヒアリ(火蟻)が日本に初上陸してから数カ月。
続々と各地で発見されていき、犬(ペット)を飼っている方にとっては不安が募ることでしょう。
散歩中にもしもヒアリに愛犬が刺されることがあったら
今まで体験したことのないような痛い症状に襲われて
命に関わってくる危険性もあります。

できることなら事前に防ぎたい事態です。

 

そこで今回は刺されてしまった時の症状や対処法は勿論のこと
ヒアリに犬が刺されるのを事前に防ぎたい方へ向けて
2つの観点から安全な散歩コースをご紹介します!

これを意識するか否かで
あなたの愛犬がヒアリに刺される可能性も変わってくるでしょう。

スポンサーリンク

ヒアリに愛犬(ペット)が刺されるのを防ぐ散歩コース

愛犬(ペット)がヒアリに刺されるとすると
散歩中にそうなってしまう危険性が高いです。

しかし犬は草むらに頭を入れたり
何に対しても興味を持ってしまう動物なので
飼い主の身としては不安で仕方ないでしょう。

 

ヒアリが日本上陸し、今やどこにいてもおかしくない状況。
女王アリの生息も続々と確認されていて
1日で2000~3000匹の卵を産むとされています。

ヒアリの女王アリは羽で10km飛ぶ!大阪で何匹も卵を繁殖済みか

 

 

このような状況なので何かしらの対処法を取っていなければ
いつ自分の愛犬がヒアリに刺されてもおかしくありません。

そこで刺される可能性を最小限に抑えるための散歩コースをシェアします。
もしも知り合いにペットを飼っている方がいたら是非みなさんでシェアしてください。

対処法1:ヒアリの習性を理解した上で散歩コースを考える

ヒアリから愛犬(ペット)が刺されるのを防ぐためには
ヒアリが普段どういった場所に生息していて
どこに注意すべきなのかを把握する必要性があります。

 

まずはどのような場所に生息しているかですが
公園や農耕地などの少し開けた場所にいるんだそうです。

日本のアリと同様に地面の中に巣を作ります。
場合によっては高さ1メートル、深さ2メートルほどの巣を作り、
その中に2万匹の大群で生活していることも。
巣をツツくようなことがあれば一気にヒアリが出てきます。
あなたの愛犬が興味本位でツツいてしまったら刺されれて大変なことになります。

大量に刺されることで症状や重く、
適切な対処法を施しても危険な状態になってしまうでしょう。

 

ヒアリの巣は子供が山を作ったような形をしています。

火蟻の巣
出典:https://i2.wp.com/

愛犬との散歩コースにこういった山がある場合は
違う散歩コースを選ぶことをおすすめします。

 

草むらなどのある場所にも注意です。
犬の性質として草むらに頭を入れることがあります。
ヒアリが草を伝ってあなたの愛犬に飛び移り、刺される危険性があります。

対処法2:散歩コースをヒアリの日本への侵入経路から考える

ヒアリから愛犬が刺される事前の対処法2つめは
現在どこで生息が確認されているかを把握することです。

理由は2つあり

  • 生息が確認されている地域の方は散歩中に細心の注意を払う
  • 生息地の共通点をみつけてヒアリに注意すべき地域を理解する

です。

 

1つめはシンプルな理由です。
確認されている地域に住んでいる方は
おそらく既に細心の注意を払っている愛犬家が多いと思われます。

万が一、ニュースや情報を取り逃がしているという方は
日本のどこでヒアリの生息が発見されたかをまとめたこちらを見てください。
実はあなたが知らないだけで愛犬との散歩コースで既に発見が報告されているのが一番怖いです。

ヒアリは日本のどこ?日本上陸の原因や内陸での発見による恐怖。

 

 

そして2つめの理由を説明すると
これまで日本でヒアリが発見された地域には共通点が見られるのです。
その共通点はズバリ『港のある地域』です。

2017年7月10日には日本で初めて内陸部でヒアリの生息が発見されましたが
それ以外は港のある地域で見つかっています。

 

逆に考えると今は発見が報告されていなくても
港のある地域を犬の散歩コースとして選んでいる愛犬家は注意すべきです。

専門家によるとヒアリが日本へ侵入してくるのは
海外から運ばれてくるコンテナや荷物に付着していることが多いです。
頻繁に海外を行き来している船や飛行機がある地域に住んでいる方は
愛犬との散歩コースを工夫しましょう。

空港や港周辺を犬と散歩するのは避けた方が良いかもしれません。

犬がヒアリに刺されると出る症状や対処法

散歩コースに気をつけていたとしても
愛犬がヒアリ(火蟻)に刺される可能性を0にできるわけではありません。

もしも散歩中に愛犬がヒアリに刺されてて
症状や対処法について何も知識がない状態だったら
犬も飼い主であるあなたもどうして良いかわからず
パニックで大変な事態になってしまいますよね。

まずは飼い主であるあなたがパニックにならないためにも
症状と対処法を紹介します。

 

もうご存知の方もいるとは思いますが
ツイッターで話題になっている
「ペットがヒアリに刺されたら?」の画像が分かりやすいです。

症状と対処法をイラスト付きで紹介しています。

犬がヒアリに刺されると起こる症状
出典:http://kogusoku.com/
ヒアリに刺された際の対処法
出典:http://kogusoku.com/

これらのイラストによると

  • 震えている様子が見られる
  • 痛みに耐えられず地面を転がる
  • 刺された場所を舐めたり噛んだりする
  • 刺された場所が赤くなる・膿が出る

のいずれかの症状があったら
まず第一にやっていることが傷の確認。
次に場所を移動して手袋でヒアリを取り除いています。

 

この対処法で分かるポイントは
愛犬と散歩するときは手袋を所持しておいた方が良いということです。

ヒアリは一度だけでなく何度もあなたの愛犬を刺す可能性があります。
そのため家から離れた場所でヒアリに刺された場合
散歩中に手袋を所持していなければ愛犬の体からヒアリを取り除くまでに
多くの時間がとられてしまいます。

更に言えばベーキングパウダーと水も所持していれば
もし愛犬がヒアリに刺されたとしてもしっかり対処することができるでしょう。

  • 手袋 or タオル
  • ベーキングパウダー

を犬と散歩する時は常に所持しておくことをおすすめします。

少し荷物になってしまいますが
あなたの愛犬のことを考えるのであれば
散歩中にもヒアリに刺されることを頭に入れて対処できるようにした方が良いでしょう。

 

愛犬との散歩コースや所持すべき物をご紹介しました。
もしもご近所にペットを飼っている知り合いがいたら
これらの点に気をつけることを促すと良いかもしれません。