中年童貞が出会い系で処女の彼女を作った話

わたしは37歳の時まで、彼女ができたことがありませんでした。
いわゆる『年齢=彼女いない歴』。
もちろん童貞。中年童貞ってやつです。

出会い系サイトやマッチングアプリのことは知っていたけど、なんか抵抗ある。
けど、まわりの女性にアタックする勇気もない。
結局は、なにも行動せずに過ごしていたのです。

ちなみに学生時代のわたしは、つねに教室の隅っこにいるようなオタク。
好きな女子はいたけど、告白できるわけもない。
ブサイクすぎて、彼女なんて作る気になりませんでしたから。笑

わたしが童貞を卒業できた出会い系はこちらです。
18禁ハッピーメールの公式サイト

そんな調子で、社会人になっても童貞をズルズルと引きずっていました。

中年童貞になってから焦り始める

10~20代の頃は「べつに童貞でもいいや」と開き直っていました。
なぜなら若い頃の童貞は、そこまで珍しくないと思うから。
オタクっぽい格好をしてるほとんどが童貞だもの。笑

若い頃はそんな風に思っていたはずなのに、30歳を過ぎたあたりからどんどん辛くなってきました。
30代になり、自分が中年童貞になったことに気づいたから。
『中年童貞』という四文字は、重くのしかかりました。

とどめを刺したのは、「こいつも童貞なんだろうな」と思っていた中学時代の知り合いが結婚したこと。
中年童貞だと思っていたやつが一児のパパになり、一気に置いてかれた気分に。

「え、もしかして中年童貞なのってオレだけ?」
当時はとてつもなく焦りや不安を感じていました。

「一生童貞でいいや」と自暴自棄になったことも。

参考一生童貞を貫く覚悟は必要か?30代童貞男を助ける3つの解決策

色々と考えた末に、出会い系を使うことにしたのです。

出会い系サイトで処女の彼女を作ることを決意

「何とかしなきゃいけない!」
そんな風に思って、出会い系サイトを使うことを決意。
昔は拒絶していた出会い系を使うことに、最初は抵抗がありました。

「まわりにバレたらどうしよう」
「今さら彼女なんて作れるのかな」
「そもそも、中年童貞のオレが女から相手されんのか?」

色んな葛藤がありながらも、相手が処女なら大丈夫だろうという安易な(?)気持ちで彼女を探しました。

中年童貞でも恋愛はできる。セックスもできる。

結論からいうと、1ヶ月ちょっとで彼女を作ることができました。
人生ではじめてできた彼女だったから、飛び跳ねて喜びました。笑

かかった費用は、

  • 出会い系に使った7300円
  • 彼女におごった食事代12000円

焼肉4回分くらいの金額で彼女を作れたと思えば、かなりオトク。

当時のLINEのやりとりが残っています。

付き合う前の、一番最初の頃の彼女とのLINEのやり取りです。
(※彼女に許可取ってないので、あとで消すかもしれません。笑)

このあとわたしから食事に何度か誘い、1ヶ月ほどで交際がスタート。
お互いすごく幸せな日々を過ごせています。
相手は23歳の女の子なので、年齢差はありますけどね。

初セックスのときは緊張したけど、相手も処女。
お互い仲良くセックスの方法が書いてある雑誌を見ながら卒業しました。笑
いまでは、月3くらいセックスしてる感じです。

「中年童貞でも恋愛できる」
「処女の彼女を作れる」
ということを知れたのは、本当にデカかったです。
彼女のおかげで、人生がバラ色になりました。

なぜ出会い系サイトが良いと思ったのか

出会い系サイト以外にも、

  • 合コン
  • 街コン
  • お洒落なバー

などに行けば、女性と出会うチャンスは作れます。
むしろ人によっては、こっちの方が成功率は高いかも。

じゃあなんで私が出会い系を使ったかというと、「処女が意外に多そうだな」と思っていたから。

出会い系には処女が多そうなイメージがあった

一見すると、「出会い系にはヤリマンしかいないだろ」と考えがち。
たしかにヤリマンの比率は多いのですが、処女もしっかり存在してます。

処女が出会い系に登録する理由は、明確。
「処女を卒業したいから・恥ずかしいから」です。
(わたしの彼女も言ってました。)

要するに、童貞が出会い系に登録する理由といっしょ。
しかも女性の場合は男とちがって、風俗がありません。
まわりにバレずに処女を卒業するには、出会い系に登録するくらいしか選択肢がないのです。

わたしの彼女のように、処女を捨てるために出会い系サイトをやってる女性は必ずいるはず。
あなたも同じように処女の彼女を作りたいなら、わたしはあえて出会い系サイトをオススメします。

同じような悩みをもった女性とは、打ち解けるのに時間はかかりませんよ。