沖縄出身の安室奈美恵
出典:https://i.ytimg.com/

一時代を築き上げた歌姫としてファンを魅了しながらも、活動はそれだけにとどまらずモデルとしても不動の地位を築いています。

そんな安室奈美恵も2017年9月16日でデビュー25年を迎えました。
そして出身地である沖縄で9月16日・17日に計画されていた『沖縄ライブ2017』。

本人にとっても特別なイベントでしたが、1つ懸念していたことが。
それは台風です。

沖縄ライブ2017の当日も台風があり、その影響が心配されていました。

スポンサーリンク

安室奈美恵の沖縄ライブ2017への台風の影響

結論から言うと、30分ほど台風の影響で開始が遅くなったものの、無事に沖縄ライブ2017を実行することができました。
ライブを楽しんでいたファンからは「むしろ台風を乗り越えた気がしてより感動した」という方も。
様々な演出を施し、安室奈美恵は日頃の感謝を表したようです。

 

沖縄ライブ2017の会場の周辺では、道を走っている車のほとんどが窓を開けて安室奈美恵の歌声を聴いていたんだとか。
近くの歩道でも「少しだけでも良いから歌声を聴きたい!」という人がたくさんいたようです。

ファンだけでなく、沖縄県民からすると安室奈美恵は特別な存在なのかもしれません。

5年前は沖縄ライブが台風の影響で中止に

今から5年前も同様に、安室奈美恵は沖縄ライブを計画していました。
20周年を迎える日に沖縄でライブをすることに意味がありました。

しかし当時も台風が近づいていて中止の声が心配されていました。
結局沖縄ライブは中止。
ファンからは残念がる声が続出したようです。

 

やはり9月の沖縄は台風シーズンであることもあり、ライブが中止になってしまうことも多々あるようです。

デビュー曲を22年ぶりに披露

安室奈美恵のデビュー曲は『ミスターUSA』
ライブなどでは滅多に聴けない名曲です。
沖縄ライブ2017では22年ぶりにこの曲を披露します。

 

昔からのファンはもちろん、最近になってからファンになった人たちにとっても『レア感』があったようで、「生で見れるとは思わなかった」という人が続出しました。
そういった意味でも安室奈美恵にとって沖縄ライブ2017への熱量は大きかったのかもしれません。

沖縄ライブ2017の最後には大量の花火

安室奈美恵やダンサー、スタッフなどが団結して作り上げた沖縄ライブ2017は、ファンを喜ばせる演出がたくさんあったよう。
感動で涙を流すファンも多かった様子。

 

そんな沖縄ライブ2017の最後では約300発ほどの花火を打ちあげました。
ライブで打ち上げる花火として異例の多さで、多くの心を掴んだようです。
2日間にも及ぶ沖縄ライブ2017でしたが、2日間ともいったファンからは最終日の演出の方が若干良かったとの声も。

安室奈美恵が2018年で引退

14歳から歌手デビューし、魅力的な歌声で多くのファンを喜ばせてきました。
そんな安室奈美恵が2018年9月16日をもって引退することを発表しました。

  • まだまだ安室奈美恵の歌声が聴きたい
  • 悲しすぎる
  • いつまでも沖縄の誇りです

などと引退を惜しむ声が多いよう。

 

美しい姿や魅力的な歌声を20年以上も保ち続けている安室奈美恵。
沖縄ライブ2017でのパフォーマンスを知っているからこそ「まだ早い」と悲しむファンもいるようです。

沖縄ライブ2018への期待も

安室奈美恵は引退についてこのように言及しています。

引退までのこの1年アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます
そして、私らしく2018年9月16日を迎えたいと思います

2018年9月16日をどのように迎えるかはまだ不明ですが、「沖縄ライブ2018があるのでは?」と沖縄でのライブを期待する声も。

いずれにせよ安室奈美恵の最後の歌手人生を終えるにふさわしい9月16日になるのではと思います。